女性

nlpの勉強するなら協会のことも知っておこう|心理学を学べる資格

言葉の訓練を行う医療職

男女

言語聴覚士はリハビリテーション専門職の一つで、養成学校も高卒者から大卒者・社会人まで様々な学生を受け入れています。入学資格については確認が必要です。指定科目の履修が必要な学校もあります。また、大学等で既修の単位が認定される場合もあります。医療だけでなく福祉や教育とも関連が深く就職の幅があります。

More...

高まる需要高い期待

女性

全国的に高まりを見せる社会福祉士のニーズは新潟においても同様で、様々な問題への対応に期待されています。社会福祉士は多分野で需要が高く、柔軟に対応出来ることが理由です。資格の取得は通学のみならず通信も可能で、通学が困難な場合など助かります。

More...

苦手意識を克服する

レディ

心理学を活用する

最近人気のあるnlpとは「神経言語プログラミング」を英語表記したときの頭文字を取ったものであり、別名「脳の取り扱い説明書」と呼ばれる最新の心理学のことです。元々はアメリカ発祥の心理学ですが今では日本にもnlp協会が設立されています。nlpの資格を取得するには日本協会に指定された講座に参加することが必要になります。またDVDもあるため、時間のない人はそれを活用して資格を得ることも可能となっています。どのような講座内容なのか気になる人には協会が定期的に行っている体験講座に参加してみることも出来ます。資格取得後は自分の苦手克服だけではなく、コミュニケーションの構築にも役立つので自分に自信を得ることが出来ます。

自分に自信がつく

nlpは過去に起こった失敗などを脳が記憶し、それに伴いまた同じような状況になったときに苦手意識が出ないよう記憶を上書きするという心理学の手法となっています。学者や経営者といった大勢の人が集まる場で発表をする人だけではなく、最近では主婦や学生も学ぶ人が増加傾向にあります。学ぶことにより苦手意識を克服するので自分に自信を持つことが出来、また相手に対しても何を伝えようとしているのか的確な情報を判断することも出来るので円滑な人間関係をより早く構築することが出来ます。日本nlp協会指定の講義に参加することで資格取得が出来ますが、最近では関連の書籍も多くあるため独学することも可能です。しかし講義に出ることでより実践的な学びが出来ます。

困った人の相談援助

男女

介護の現場で働ける社会福祉士の国家試験を受けるためには、受験資格が必要となります。受験資格を得るためには、いろいろな方法があります。新潟では高齢化社会が進行しています。そのため、介護の現場では、法学や医学一般、介護概論などのスキルが求められています。

More...