困った人の相談援助|nlpの勉強するなら協会のことも知っておこう|心理学を学べる資格
文房具

nlpの勉強するなら協会のことも知っておこう|心理学を学べる資格

困った人の相談援助

男女

受験資格が必要

社会福祉士の活躍が期待される場所は福祉事務所、社会福祉協議会、社会福祉施設などになります。新潟の民間企業における在宅のケアサービスや介護保険、福祉機器、保険機器などの普及によってその利用者に対する相談、助言といった新しい分野での活躍が期待されています。とりわけケア付きの新潟の住宅や有料老人ホームの利用者に対する相談、助言の役割はますます重要になってきていてこの分野での活動領域は、大きく拡大していきます。この社会福祉士になるためには、社会福祉士の国家試験に合格する必要が出てきます。この試験を受けるためには受験資格が必要になってきます。4年制大学で指定科目を履修したり、福祉系の短期大学や専門学校で指定科目を履修したり実務経験を行ったり、児童福祉司や他の法的職種の経験者など複数の受験ルートがあります。

いろいろな学習を

これからの社会福祉においては、ますます相談の内容が複雑化されていくことが新潟でも予想されています。このような複雑化した相談に応じて必要な援助を提供していくためには、社会福祉士が相談の内容をきちんと分析できなければなりませんし、相談をする人の心理状況が分かっていなければなりません。そのために学校で社会学や心理学を学んでいくことが、新潟でも求められています。今後一層高齢社会が進んでいくことで、高齢者の扶養問題や、遺産相続の問題が増えてくることも予想ができますし、高齢者の生活を援助していくためには医学に関する知識や介護に関する知識も必要になってきます。このようなことから法学や、医学一般、介護概論の科目を学校で学ぶことが要求されています。