言葉の訓練を行う医療職|nlpの勉強するなら協会のことも知っておこう|心理学を学べる資格
文房具

nlpの勉強するなら協会のことも知っておこう|心理学を学べる資格

言葉の訓練を行う医療職

男女

色んな入学方法があります

言語聴覚士は、子どもや障害者、高齢者など幅広い人に対して言語訓練や口腔機能の訓練などを行うリハビリテーション専門職の一つです。医療系の専門職で、医療機関はもちろん、福祉施設での需要も高いことから人気を集めている職種の一つです。言語聴覚士になるためには養成学校へ行く必要があります。養成学校への入学方法には色々あり、高卒で入学できるところもあれば、大卒者を対象とする比較的短期の学校もあります。入学資格をよく確認しておく必要があります。養成学校では基礎医学やリハビリテーションに関する科目を修めるほか、実習もあります。社会人が言語聴覚士への転職を目指して入学することも少なくなく、働きながら学ぶための体勢を整えている学校もあるので、入学前に問い合わせたり相談したりするといいでしょう。

それまでの学びを活かす

社会人や大学等の既卒者が言語聴覚士の養成学校へ入学したい際には、入学資格(要件)の確認が必須になります。学部・学科等を問わず、四年制大学を卒業していれば入学できる学校もあれば、「指定科目」と呼ばれる科目を大学等で修得している必要がある場合もあります。なお、指定科目は通信制大学等の科目履修生で履修してもいい場合もあります。そのほか、リハビリテーションに関する科目や人体の構造に関する科目などを履修していると、「指定科目」とは別に単位認定される場合があります。単位認定されると入学後の履修単位数や科目数が少し減らすことができるため集中的に学ぶことができます。言語聴覚士は医療だけでなく福祉や教育の分野ともかかわりが深いため、医療以外の分野にも目を向けておくと、特に就職の際に自分に合ったところを選ぶ選択肢が広がるでしょう。